多機能型事業所 ゆうとぴい

利用の流れ

市町村窓口にて

  • 各市町村に相談します。
  • 支給申請します(調査・区分の認定)。
    →支給決定されます。
  • 市町村より受給者証の交付を受けます。
  • 相談支援事業者と相談の上サービス利用計画を立てます。

ゆうとぴいにて

  • ゆうとぴいに利用の申し込みと契約の手続きをします(説明と契約)。
  • サービスを利用します。
  • 利用者負担額の支払いをします。
利用者負担額について

・定められた利用者負担(1割)があります。
 但し、上限負担0円の場合は一割負担もありません(配偶者の収入によっては、上限負担に違いが出てきます)。

その他費用について

厚生労働大臣が定める基準により算定した費用の他、次の費用がかかります。

(ア)創作的活動に係る材料費 実費
(イ)日用品費の実費
(ウ)

食事の提供に係る費用

1.昼食 1食につき450円(食事提供体制加算対象者は150円)

2.特別な食事の提供 600円(食事提供体制加算対象者は270円)

(エ)

送迎サービスの提供に係る費用

事業所を起点とした距離で片道1回の費用。但し、送迎加算が対象になる場合の費用はかかりません。

日中一時支援事業
市町村の定める基準によるものの他、次の費用がかかります。

(1)食費

昼食 1食450円(低所得者は30円)

特別食 1食600円(低所得者は180円)

(2)教材等の材料費実費
(3)教養娯楽に係る費用実費
(4)送迎に係る費用

事業所を起点とした距離で片道1回の費用。

*但し、加算あるいは補助制度がある場合の費用はかかりません。