障がい者支援施設 月光園

利用ご案内

運営基本方針

月光園は、障がい者入所施設制度創設の理念『最も重い障害を持つ人の尊厳と権利を尊重し、社会の一員として社会に貢献し、そして人間の可能性を最大限に引き 出すための絶え間ない営みを支援する生活施設』であることを再確認し、さらに『ノーマライゼーションの理念』に基づいた施設経営と、障害者総合支援法の円 滑な運用に向け、次のように方針を掲げます。

  1. 生命(いのち)の尊さを第一義に、安全・安心の施設経営に努めます。
  2. 利用者の尊厳と人権を尊重し、利用者が主体的・自主的に生活できるよう支援します。
  3. 利用者ニーズを尊重し、一人一人の利用者に対し効果的・効率的に質の高いサービスを提供できる仕組みの充実を図ると共に、選ばれる施設を目指して支援します。
  4. 重度障害者の専門施設として、地域福祉に寄与し、親しみある施設づくりに取り組みます。
  5. 障がいのある方が自立した日常生活、又は、社会生活を営むことができるよう、日常生活に関する相談受付や情報提供を行います。
  6. 笑顔と元気にあふれた『月光園らしさ』を育みます。

支援の目標

障がい者支援施設への期待と使命を再認識し、利用者へのきめ細やかな支援と、サービスの担い手である職員の質の向上に努め、利用者本位の原則に立ち、生き生きとした園生活の営みと自立支援に向けた生活支援に努めるため、次のように目標を掲げます。

1.利用者支援の目標
(1) させてはならない三つの誓い
 ・悲しい思い
 ・悔しい思い
 ・情けない思い

(2) 支援サービス五つの心構え
 ・私は、やさしさ、思いやりの心でサービスを提供します。
 ・私は、明るい職場づくりに努め、笑顔のサービスを提供します。
 ・私は、介護のプロとして責任と誇りを持ち、サービスを提供します。
 ・私は、チームワークを心がけ、互いに協力し合い、サービスを提供します。
 ・私は、反省の心を忘れず、一人ひとりの声に耳をかたむけ、サービスを提供します。

2.施設の効率的運用
施設を効率的に活用していただき、利用者の皆さんが自立した日常生活を送ることができるよう、一人ひとりの個性を尊重した支援に努め、安心・安全・信頼性の高い支援を行います。

3.利用者のニーズと個別支援を基本とした日中活動の充実活性化
日常生活の充実に資するため、日中活動の場として創作活動やサークル活動の機会を提供し、活動の中から培われる自主性・協調性を尊び、利用者相互のふれあいを深めるよう支援します。

ご利用について

ご利用を希望される方は、お住まいになっている市の福祉事務所、または町村役場で相談のうえ、受給者証
の交付を受け、施設と利用に関する契約を交わします。詳細につきましては当園までお気軽にお問い合わせ
下さいますようお願いいたします。

お申し込みは市町村の窓口へ

月光園への入所
利用者または扶養義務者の所得に応じた
利用者負担額と、身の回り品の購入等が
自己負担になります。

短期入所
利用者または扶養義務者の所得に応じた
利用者負担額と、食材料費と身の回り品の
購入等が自己負担になります。

費用負担

  1. 市町村が発行する「障害福祉サービス受給者証」に記載された金額の範囲内
  2. 食費、光熱水費
    1日につき、食費1,380円、光熱水費379円
    (※生活介護のみを利用する場合の食費は600円)
  3. その他、支援費から支給されない日常生活上の諸費用
    (※実費)